愛でる仏像フィギュアのお店 

about

こんにちは!一笑仏工房の中の人、あんどぅ☆ななせです( ^ω^ )
拝む仏像ではなく、愛でる仏像。
それが一笑仏工房の仏像フィギュアです。
手にすれば、笑いがボロン♪見るほどに、心が和む。
本格的な仏像彫刻を勉強したものの、
「何十万、何百万もする仏像なんて庶民には手に入らないじゃないか…もっと親しみやすい仏像…甲より乙な仏像を作りたい!」と一念発起。
何のグループにも属さず(属せず^^;)、夜な夜な独り彫刻刀で木彫りをしております。


野良仏師、B級仏師、物乞い仏師、地下300階芸人、などと称しております。


(こんな儲からない木彫りなんてやめちまって、コンビニでバイトした方がよっぽど収入になるんじゃねぇか…子供に習い事だってさせられる…)

(今どき3Dプリンタで何でも安く作れるんだよ…手彫りする職人なんて滅びる運命なんだよ…)

(でも…それでも!職人として生きたい!)

(…がっ…!!…がっ…っっ!!)



一笑仏工房の作品は、そんな思いの結晶です。
どうにもならない行き止まりで、「ええじゃないか!」と踊りながら作っています。


「生きるのって苦しいな」「世の中って生きづらいな」
みんな多かれ少なかれ感じていると思います。
どうしてみんながみんな幸せになれないのか!
多かれ少なかれ考えたことがあるかと思います。


何とかならないもんかなぁ…
悩みながら右往左往していると、不意に仏教に出会ったりします。








わたくし、オカルト・スピリチュアル・占いなどは正直信じておりませんで、お話としては面白いなぁぐらいに思っております。
仏像を拝んだり神社に参拝したりすればご利益があるなんて頭っから信じられるような素直な人間でもなく、
仏像の前で手を合わせるのも、信じているわけじゃないのに何だか気恥ずかしいなぁと思うタイプです。


でも、仏像の美しさには心打たれます。
そして仏像は、仏教への入り口(法門)だったりします。
仏教は、紀元前500年のゴータマ先生の生まれた頃から、生きづらさを解決するための考え方を面々と集積して来た智の宝庫です。




つまり何が言いたいかというと…
仏教には八万四千の法門があると言われますが、
一笑仏工房の仏像を見てクスッと笑うことも、八万四千一番目の法門になって、そこから入って来た人が少しでも救われることがあるんじゃなかろうかと。



思っております。



一言で言うと、「作品買ってね♪」ってことです。


…。


オンライン販売の他、ホビー系イベント出展、一緒に木彫りのマイ仏像を作るワークショップをやっております。
ぜひ一度お手に取って眺めてみてください。

■所在地
 東京都新宿区

■活動履歴
 【2015/9/8】一笑仏工房(個人事業)設立届出
 【2016/7/24】ワンダーフェスティバル2017夏にてSD阿修羅出品(オモカネ堂の卓で販売)
 【2017/2/19】ワンダーフェスティバル2017冬 一笑仏工房として初出展
 【2017/5/27,28】横浜ハンドメイドマルシェ@パシフィコ横浜に出展
 【2017/7/30】ワンダーフェスティバル2017夏に出展 当日版権作品「ピノ十一面観音」が完売
 【2017/10/1】テラデマルシェ@上野宋雲院に出展
 【2018/2/18】ワンダーフェスティバル2018冬に出展 仏像シールのキトライライヘイさんと初の共同出展。当日版権作品「ピノ十一面観音」とキトラさんシールとのコラボ作品が大好評。
 【2018/4/1】ホビーラウンド19@浅草産業貿易センターに出展 当日版権作品ストライクウィッチーズ「坂本さんスク水観音」販売
 【2018/7/8】ハンドメイドインジャパンフェス@東京ビッグサイトにてワークショップ「木彫りの可愛いマイ仏像アクセサリーを作ろう!」開催
 【2018/7/29】ワンダーフェスティバル2018夏に出展。仏像シールのキトライライヘイさんとの共同出展。当日版権作品「三つ目がとおる」の関連グッズ販売。
 【2018/9/20-24】
 日本木彫刻展@上野の森美術館別館ギャラリーにSD阿修羅と聖観音立像を出品
 【2018/10/6】
 ホビーラウンド20@浅草産業貿易センターに出展 当日版権作品「写楽クンおたま地蔵」販売
 【2018/12/19〜22】
 渋谷Bunkamura Craft Collection に出展
 【2019/2/10】
 ワンダーフェスティバル2019冬に出展。仏像シールのキトライライヘイさんとの共同出展。猫阿修羅など5種の懐中仏ガチャが人気を博す。
 【2019/4/7】
 ホビーラウンド21@浅草産業貿易センターに出展 当日版権作品「坂本さんスク水観音」透明版とアニメ塗装版を販売

■あんどぅ☆ななせについて
デザイン、製作、営業など、全ての業務を行っている一笑仏工房の中の人。
二人の息子の育児に奮闘しつつ、怒りを乗り越える笑いを追求している。

【経歴】
2003年 東京大学文学部言語文化学科卒業後、システムエンジニア、プログラマとしてIT関連企業で働く。
2015年 退職し侊心会仏像彫刻教室で本格的な仏像彫刻を学びつつ、個人事業として一笑仏工房を開業。以来、ワンダーフェスティバルなど各地のイベント出展やオンライン販売を通じて一笑できる仏像フィギュアを開発。
2017年 仏像をもっと身近に親しみやすいものにするため、「可愛い木彫りのマイ仏像」ワークショップ活動開始。


(あんどぅ☆ななせのFacebookはこちら)
※基本的に来るもの拒まずですが、プロフィール写真の無い方の友達申請はお断りする場合があります。

■おまけ hanio氏について
一笑仏工房の謎のスーパーアドバイザー。あるときはオモカネ堂というディーラーでワンダーフェスティバルやAKガーデンなどのイベントで活躍するモデラー、またあるときは東大赤門前でラーメンを作っているヒゲのおじさん。あんどぅ族の子供たちを保育園に送り届けた後に開かれる自販機前の喫煙タイム会議では、一笑仏工房の多くの傑作が生まれてきた、ような気がする。マシーネンクリーガーの横山宏先生が大好きな筆塗りマニア。大量のプラモデルやガレキが積んである押入れからはあらゆるモデリング道具が出てくるので、ヤスリや塗料が無いときはhanio氏に出してもらおう。
(hanio氏のTwitterはこちら)
  • Home
  • About
  • 木彫りを楽しむ会
    • ネットショップを開設するならBASE
    • shopping cart